生活習慣病健康診断

法定健診(定期健康診断:)に血液生化学検査と胃部エックス線検査等を追加し、生活習慣病の予防・早期発見を重視した健康診断です。ご要望に応じ、検査項目の変更が可能です。お気軽にご相談ください。

  1. 既往歴および業務歴の調査
  2. 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視力、および聴力(1000ヘルツおよび4000ヘルツの音に係る聴力)の検査
  4. 胸部エックス線検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査(白血球数、赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値、血小板数)
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP、ALP、ZTT、HBs抗原・抗体、HCV抗体)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  9. 糖代謝検査(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
  10. 尿検査(糖、蛋白、潜血)
  11. 腎機能検査検査(尿素窒素、クレアチニン、尿酸)
  12. 膵機能検査(アミラーゼ)
  13. 心電図検査(安静時12誘導)
  14. 便潜血反応検査(2日法)
  15. 心電図検査(安静時12誘導)

その他の一般健康診断としては、海外派遣労働者の健康診断等も行っております。お気軽にご相談ください。

※血糖検査については、ヘモグロビンA1cによる検査を行っても差し支えありません。

▲ ページのトップへ