一般健康診断

雇入時の健康診断(労働安全衛生規則第43条)
  • 労働者を雇入れた際は、次の項目の健康診断を行わなければなりません。
  • 健康診断項目の省略は出来ません。
  1. 既往歴および業務歴の調査
  2. 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視力、および聴力(1000ヘルツおよび4000ヘルツの音に係る聴力)の検査
  4. 胸部エックス線検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  9. 血糖検査
  10. 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  11. 心電図検査(安静時12誘導)

定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)

1年以内ごとに1回、定期的に次の項目の健康診断を行わなければなりません。

  1. 既往歴および業務歴の調査
  2. 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視力、および聴力(1000ヘルツおよび4000ヘルツの音に係る聴力)の検査
  4. 胸部エックス線検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ‐GTP)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、トリグリセライド)
  9. 血糖検査
  10. 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  11. 心電図検査(安静時12誘導)

    健康診断項目の省略
    次の場合、医師が必要でないと認めるときは健診項目を省略することができます。
    身長:20歳以上の場合
    腹囲:40歳未満の者(35歳の者を除く)、妊娠中の女性、BMIが20未満の者、自ら腹囲を測定しその値を申告した者(BMIが22未満の者に限る)
    かくたん検査:胸部エックス線検査で病変の発見されない場合、結核発病のおそれがない者
    (6)~(9)、(11)の検査については、40歳未満の者(35歳を除く)
    聴力検査:45歳未満の者(35歳および40歳の者を除く)は医師が適当と認める聴力検査のよることができます。

特定業務従事者の健康診断(安衛則第45条)

深夜業、坑内労働者等の特定の業務に従事する労働者に対しては、当該業務への配置替えの際および6月以内ごとに1回定期に定期健康診断と同じ項目の健康診断を行わなければなりません。

  • 健康診断項目の省略
  • 省略基準についても通常の定期健康診断の場合と同じですが、さらに次の省略等が認められています。
  • 胸部エックス線検査については、1年以内ごとに1回、定期に行えば足りることとされています。
  • 貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査は6カ月以内に検査を受けた者は、医師が必要でないと認めるときは省略することができます。
  • 聴力検査はオージオメータによる検査を原則としますが、6ヶ月以内に検査を受けた者、または45歳未満の者(35歳および40歳の者を除く)については、医師が適当と認める検査法によることができます。
  • 特定業務一覧 (労働安産衛生規則第13条第1項第2号に掲げる業務)

    1. 多量の高熱物体を取り扱う業務及び著しく暑熱な場所における業務
    2. 多量の低温物体を取り扱い業務及び著しく寒冷な場所における業務
    3. ラジウム放射線、エックス線その他の有害放射線にさらされる業務
    4. 土石、獣毛等のじんあいまたは粉末を著しく飛散する場所における業務
    5. 異常気圧下における業務
    6. さく岩機、鋲打機等の使用によって、身体に著しい振動を与える業務
    7. 重量物の取扱い等重激な業務
    8. ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務
    9. 坑内における業務
    10. 深夜業を含む業務
    11. 水銀、ヒ素、黄リン、フッ化水素酸、塩酸、硫酸、青酸、苛性アルカリ、石炭酸その他これらに準ずる有害物質を取扱う業務
    12. 鉛、水銀、クロム、ヒ素、黄リン、フッ化水素、塩素、硝酸、亜硫酸、硫酸、一酸化炭素、二硫化炭素、青酸、ベンゼン、アニリンその他これらに準ずる有害ガス、蒸気又は粉じんを発散する場所における業務
    13. 病原体によって汚染のおそれが著しい業務
    14. その他厚生労働大臣が定める業務

▲ ページのトップへ